top of page
  • 執筆者の写真JEDI

アートのお値段

「アートの価値はその作品が売れた値段と同等ではない」

Larry Poons


今のボクの考えに一番近いかな。


作中には、アーティスト、ギャラリスト

オークショニア、美術史家、コレクターなど

いろんな人たちが登場するんだけど。

考え方がホントさまざまで面白かった。


「多くの人が値段は知っていても、価値は知らないんだ」

「みんなと同じものを買うお金持ちたち」

「現代アートのなれの果てが高級ブランドよ」


アートの価値ってなんだろう?


彫刻《Rabbit》が存命作家の最高額となる

9,110万ドル(約100億円)で落札されたことのある

現代アーティストJeff Koons。

彼の作品が700ドルだった頃に

購入した人の決め手は“お金”だったのか?


お買い物だし。

損をしたくないのが人間なので。

お金が重要な判断基準なのは間違いないのだけれど。

より貴重なのは“価値を感じる体験”じゃないのかな。


「自宅に飾りたい」


この感覚を20代の頃に持ち合わせていたら…

今頃ボクは一財産を築いていたことでしょう笑


「お金を最優先に考えると、お金持ちにならない」


多分これは真理だよね。

しらんけど。

閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page